知って作っていろんなのぼり

のぼりを楽しむコツと心

こいのぼりをつくる

このページでは、のぼりの代表でもある「こいのぼり」のつくり方についてご紹介します。

まず用意するものは、標準のサイズの和柄の折り紙が2枚です。

赤系と黒系それぞれあるといいでしょう。

次に、直径1㎝、長さ30㎝ほどの丸棒と、10㎝×5㎝の紙がを2枚用意します。

目の部分を書くための黒のマジックペンも必要です。

用具で必要なものは、はさみにのり、両面テープなどです。

~~~作り方~~~

① 折り紙の橋1cmを中表で折ります。

② ①で折ったとことをタテに、折り紙を外表で半分に折ります。

③ 重なっている両端の0.5㎝を内側に折り、のりでとめます。

④ ①とは反対の方を、真ん中が頂点になるような三角形を切り取ります。

⑤ 切り取った三角形からに円を描き、切り取ります。

⑥ ⑤を①の側に白い方を外側にして貼り、真ん中に目を描きます。

⑦ 同じように、もう1つ作ります。

⑧ 10㎝×5㎝の紙の片側を、①の内側に貼ります。

⑨ ⑧の紙を丸棒をぐるっと回して両面テープでとめてから反対側の①の裏側に貼ります。

⑩ ⑦も同様にします。

完成です。

≪ポイント≫

折り紙の柄やサイズを変えて、いろいろアレンジしましょう。

こいのぼりの数を増やして、楽しみましょう。

こいのぼりが1ぴきなら、割りばしでも大丈夫です。

洗濯ばさみでひもなどにぶら下げても可愛くなります。

黒の折り紙で細長く作り、ひげをつければ、うなぎのぼりやナマズのぼりもできます。

材料も簡単にそろえることの出来るものばかりなので、今度の5月5日には是非試してみてくださいね。


Categorised as: こいのぼりの作り方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.